羽ばたけ

羽ばたけブログへようこそ

オーグ 大阪の下着メーカー 電話受付スタッフ 口コミ評判

【 MINERVA 】

 

天使もやさしく微笑むように 気品に満ちたミネルバの世界へ

 

【 ブランドネーミング 】

 

ローマ神話の技術、工芸の女神ミネルバをモチーフ

 

【 機能性 】

 

遠赤外線効果を活かした5つの機能的なデザインは、 あなたの身体をバランスのとれた健康的な美しさへと導いてくれます。

 

ミネルバの素材 】

 

■ 健康をサポートする画期的新素材
光電子繊維は、体温バランスのくずれを整え、健康をサポートする新素材です。あらゆる病気の原因であるといわれる冷えから身を守り、コリ・ハリ・痛みを少なくし疲れをやわらげます。

■ サーモグラフィーによる体表温度比較実験
「光電子繊維の肌着」と「綿の肌着」を20分間着用し、脱衣後の保温状態を実験。脱衣直後、光電子繊維は綿より体表温度が高くなっています。そして、脱衣20分後には体温効果は歴然です。綿の場合、体表温度が下がっているのに対し、光電子繊維は体表温度を維持しているのがわかります。光電子繊維に含まれるセラミックは、体温を吸収してそのエネルギーを遠赤外線に変換し、再び身体に送り返す為、自分の体温で保温するという最適な保温環境を作ります。

■ ムレ防止で快適
光電子繊維から放射される遠赤外線が人体の水分子に吸収され、その水分子の活動を活発にし、蒸発しやすくします。光電子繊維は、汗の蒸散スピードを早め、ムレを抑えて、いつもサラッと快適な着心地が得られます。

 

【カラー】

 

■ ノーブルクリーム
美しく繊細でありながら、やわらかく高貴な雰囲気が漂うクリームカラー。
■ ディープブラック
大人の落ち着きと艶やかさを一瞬にして演出してくれる、ブラックカラー。

 

【お問い合わせ】

 

株式会社オーグ(大阪)
電話:06-6479-0522(大代表) 
フリーダイヤル:0120-716-515 (代表)

お客様相談室フリーダイヤル
0120-936-420
受付:祝・祭日除く月から金9:00~17:30)



オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着

ウエイトトレーニングのテクニック

糖質制限
糖質をカットして、脂肪になる糖質をとらない食事方法。 血糖値が急上昇すると、血中の糖は筋肉内に運ばれます。筋肉内に運ばれた糖は、私たちの運動エネルギーになります。しかし糖がたくさん筋肉内に運ばれると、エネルギーが消費しきれず、余ることがあります。余った糖はどうなるかというと、脂肪に変換されます。 糖質制限中は変換効率の悪さにより、最大で倍程度まで消費カロリーが増えますので、同じ運動量でも体脂肪を遥かに多く消費します。

フォースドレップ法
最後のセットで行う。通常のセットを自力での限界までこなしたあと、インターバルを入れずに1〜2回、補助者の力を借りてウエイトを上げ、自分の力のみで下ろす。補助者はトレーニーがウエイトを上げられるようにするための最低限の力だけを加える。補助に入るタイミングが重要で、補助に入るための合図などを決めておくとよい。ベント・オーバー・ローイングやデッドリフトなど補助の難しい種目には適していない。それらの種目では他のテクニックを用いるようにする。

パーシャルレップ法
最後のセットで行う。通常のセットを行い、最後のセットで全可動範囲での動作が続けられなくなったら、インターバルを入れずに動かせる範囲だけさらに数回を行う。例えばサイド・レイズの場合、最後までウエイトを上げられなくなったところから可動範囲の3分の1、2分の1など出来る限り大きな範囲で回数を重ねていく。動かせる範囲は徐々に小さくなり、やがて全く動かせなくなる。

レストポーズ法
最後のセットで行う。通常のセットを行い最後のセットを限界まで行ったあと一旦ウエイトを置き、5〜6秒間または10秒間のインターバルを置いてすぐにまた回数を重ねていく。

ディセンディングセット法
最後のセットで行う。通常のセットを限界まで行ったあと、インターバルを入れずに60〜70%くらいの重さでさらに限界まで行う。

筋優先法
特に発達させたい部位からトレーニングする方法。その部位については全く疲れのないフレッシュな状態で鍛えられるため、力を発揮しやすく効果が上がりやすい。 



オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 下着オーグ 下着オーグ 下着オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

ブルカ

ブルカは、伝統的にイスラーム世界の都市で用いられた女性用のヴェール(ヒジャブ)の一種である。歴史的にはアラビア半島、エジプトやシリアで用いられた顔の覆いを指すが、現在の日本語の用法は主にアフガニスタンの女性が用いるものをさす。テント状の布で全身を覆いイスラム教徒の女性が肌を他人に見せないようにし、顔の部分のみ網状になっており視覚を確保する。

ブルカの特徴はイランなどで一般的なチャードルがスカーフ状の方形布であり大きさがさまざまであるのに対し、帽子に染色された襞のある絹などの布が縫いつけてあり、テント状の形状であることである。多くはかかとまでの全身を覆う。なおこれは西欧語やダリー語パシュトー語ではチャードリーと言い、ブルカは本来、チャードリーのうち顔を隠す面紗が全身を覆う布とは別の布で出来ているものを指す。 

欧州では脱宗教性、政教分離(ライシテ)の概念、イスラム系移民との軋轢、などの問題を象徴する物となっている。サルコジ大統領は2009年以降、「フランスではブルカを受けいれない」と主張。2010年に政府法案を提出。禁止法案は、学校、一般道路など公共の場でのブルカ着用を全面的に禁止している。信教・表現の自由の侵害だ、などの批判も強く、論議を呼んでいるが、同年7月13日下院では圧倒的多数で可決、同年9月14日上院でも圧倒的多数で可決され、同法は成立した。2011年4月11日、同法が施行された。

ベルギーではブルカとニカブ(アラビア語版、英語版)を禁止し、着用する者は罰金または最長7日間の禁錮刑が科される。2011年9月にはオランダで同様の禁止法案が閣議決定されており、2018年8月にはデンマークでも同様に施行。またスペインなども同様に検討している。

ブルガリアでは、愛国戦線が議会で治安対策として、公共の場所でのブルカ着用を禁止する法案を提出し、2016年9月30日に可決した。違反者には、200から1500レバの罰金が科される。また、登録された宗教の礼拝所や職業、文化活動、健康上の理由である場合は、着用が許可される。与党である「ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民」は、犯罪の監視を強化する目的だと説明したが、トルコ系の政党は反発して、議会から退場している。

スイスでは、国民党が提案した公共の場所でのブルカとニカブ着用を禁止する法案を2021年3月7日の国民投票で賛成51.2%(1,427,626票)、反対48.8%(1,360,317票)の僅差で可決した。ルツェルン大学の調査では、スイスでニカブを着用している女性は、20人から30人程度とされている。この法案に対し、緑の党とスイス国内のイスラム教団体は性差別や人種差別だと非難している。

自らの意思で着用している女性が圧倒的多数派だとし、女性抑圧との関連性は薄いとの主張も存在する。自らの意思で着用しているムスリムの女性たちは「では、ミニスカートにタンクトップにしたら、女性が解放されるとでもいうのか」と反論している。 

 



オーグ 下着オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話オーグ 電話

ノースリーブ

ノースリーブとは、袖が無い衣服の総称であり英語ではスリーブレスと呼ばれる。女性用の礼服としてノースリーブのドレスが用いられることが多く、夕方以降に行われる洋式のパーティなどで女性が着用するイブニングドレスやローブ・デコルテなどがノースリーブであり、ドレスとあわせ肘上まである長い手袋(オペラグローブ)を着用する。一方、昼のパーティでは洋式といえども肩の露出は歓迎されない。時間による受け取られ方の違いは、ノースリーブの持つ性的アピールにある。なお、結婚式ではノースリーブのドレスは非礼にはならない。21世紀初頭には市場に出回っているウェディングドレスの約75%がノースリーブとストラップレスとなっている。また、男性については時間に関わり無くノースリーブは正装とは見なされない。

上半身を覆うシャツや下着に存在する型で、もともと袖のあるデザインのものから袖だけを取り去ったものが一般的にノースリーブと呼ばれる。袖は英語でSleeveなので、表記はスリーヴがより発音に近い。

気温の上がる夏に好まれ、カジュアルな装いとして人気がある。また、革のジャンパーなど生地の厚いものもノースリーブにして夏に着用する場合もある。ただし、夏用の衣類は丈を短くすることで涼しく着用できるようにデザインされているものがほとんどであり、ジャケットなどのアウターウェアの下に重ね着できるような秋・冬用の衣類は丈が長いことが多い。女性向けの衣類のデザインに用いられることが多く、男性向の衣類としてデザインされることはあまりない。

露出した肩のラインを上品に演出し、気品と清楚さをアピールできる特徴がある。

普通は袖が無いものだが、分割された状態の袖が付属しているものも存在する。その場合の着用者は肩を露出した状態となり、それを着用している女性もいる。なお、この場合の袖はオプション扱いである。

かつてはトップスがノースリーブの場合、ボトムスをジーンズなどでまとめるパンツスタイルで着こなすのが主流であった。また、上半身がノースリーブ服によって露出度が増したのに反比例して脚の露出度は減らす傾向があったが、最近の渋谷系ファッションでは上半身、下半身とも露出を大きくする装いも増えている。 



オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

エネルギーの貯蔵と生存

成人では基礎代謝量は1日およそ1600キロカロリーであるが、栄養摂取量が減少すると1200キロカロリーに落ち、延命を図ろうとする生理的反応が起こる。栄養が欠乏するとまず脂肪が分解され、その後に使用していない筋肉がエネルギー源として利用される。

これにより、水分の補給があれば絶食状態で1-2か月程度生存でき、この限界を越えれば餓死に至る。ただし、肥満の人(脂肪の貯蓄の多い人)はこれより長く生存できる。痩せた人(脂肪の貯蓄の少ない人)はこれより短めで死に至ると考えられる。餓死は体内の脂肪を使い切った後に起こるものであり、(水分の補給があれば)肥満状態の人間が餓死することはない。肥満の場合、まずは脂肪を使い切る期間を経た上で餓死に向かう。脂肪量によっては3-4か月以上かかることもある。水だけで3か月以上生存するというのは信じ難いかも知れないが、同じ哺乳類である熊などは脂肪を蓄えた状態で冬眠して数か月すごすので決して無理な数字ではない。

仮に、体重70kg、体脂肪率20%とし、脂肪のカロリーを9kcal/g、低下した基礎代謝を1200kcal/日とすると、70 kg x 0.2(体脂肪率)x 9 kcal/g / 1200 kcal/日 = 105日、となり3か月半ほど生存することができる。ただしあくまで生存が可能であるというだけで、健康な状態を維持することは不可能に近い。 


オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

重ね着

ファッションとしての重ね着は、近年ではレイヤードともいわれる。

    暑い場所で沢山重ね着をする、またその逆
    前開きの衣服を閉じずに着用する、衣服の袖に腕を通さず羽織る
    丈の短かい衣服を丈の長い衣服の上に着用する
    透けるように薄い、目の粗い生地の衣服を着用する

というのはファッション目的の重ね着ではよく見られる。よく見られるが、それ以外に意味のない着用方法とはいえない。たとえば、前開きの衣服を閉じずに着用するのは、体温調整目的でも行われることがある。

重ね着の目的の一つは、立体感を演出することである。そのため「重ねている」様を見せることが重要となる。立体感を演出する理由は、人間は平面的なものより立体的なもののほうに、現実味や親しみを覚えやすいからである[要出典]。また、外側が立体的に見えると、内側も立体的な肉体をしているという印象を与え、着用者の魅力を上げる効果があるとされる。 


オーグ 下着オーグ 下着オーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミオーグ 評判 口コミ

大学ノート

多目的な利用を想定したノート。上部に見だし欄と日付記入欄がある他は横罫線のみで基本的にマス目はない。中学生、高校生、大学生などが授業に利用することが多い。一行の高さは、A罫は7 mm、B罫は6 mm、C罫は5 mm、U罫は8 mm、UL罫は10 mm。他に、方眼罫、縦罫、無地などがある。一般的にはB5、あるいはA4サイズのものが用いられる。

東京大学の前の松屋という文房具屋で1884年明治17年)に売り出された。当時としては珍しい洋紙(フールスキャップという)が使われ、表紙に細かい毛が入った紙を使用し、庶民にはあまりに高価で帝大生ほど学問が出来なくては使えないということで次第に大学ノートと言われるようになったのが名前の由来と言われている[要出典]。



ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ